ようこそ! ビジター様(ビジター)
 
会員&メッセージを見る 個人ブログ
ブログ
ホーム お知らせ
メンバーズブラザ
トピックスのスライドショー毎日1枚、その日のトピックス写真を表示します。

たくさんある割り箸の種類や名前。

2024年7月18日

日本人も意外と知らない!たくさんある割り箸の種類や名前。

日本で暮らしていても意外と知らないことも多い、日本ならではのマナーや食文化。スウェーデン人漫画家オーサ・イェークストロムさんといっしょに、改めてマナーや日本文化について学んでみませんか?


【マンガで確認】割り箸の種類と名前ってこんなにたくさんある!?



『北欧女子オーサ日本を学ぶ』を読む オーサさんは漫画やアニメなどの日本文化に興味を持ち、2011年にスウェーデンから東京に移り住みました。いまは日本で漫画家として活躍しています。そんなオーサさんの視点から見ると、日本での食事やマナー、私たち日本人が「当たり前」と思いながら過ごしている日本の文化や習慣も、不思議に思うことも多いようです。『北欧女子オーサ日本を学ぶ』では、オーサさんが専門の先生への取材を通して作法や成り立ちを学び、さらなる知見を広げていきます。 日本文化をより深く知るために、とある会席料理のお店でテーブルマナーや食分野の専門家・小倉朋子先生からと一緒に食事をすることになったオーサさんと一緒に、割り箸の種類や名前を教えていただきましょう。


■こんなにたくさんある!?

割り箸の種類や名前 小倉先生「割り箸の種類はいっぱいあります」

●丁六(ちょうろく)…最も大衆的な割り箸。角が長方形。割れ目に加工はされていない。

●小判(こばん)…角が削られているカジュアルな形。気軽に食べるお弁当などに良い。

●元禄(げんろく)…割れ目に溝がある。気軽なお弁当からうな重まで幅広く使われる。

●天削(てんそげ)…天に向かって削げている。寿司店やすきやき店などで使われる。お客様のおもてなしにも向いている。

●利久(りきゅう)…両端が細く中央が膨らんでいるのが特徴。懐石料理やおもてなしに使う。

●竹割(たけわり)…油や汁を吸わない。揚げ物や鍋物に使う。 小倉先生「今日使っているお箸は『利久』と言って、懐石料理やおもてなしに使います。それではオーサさん、クイズです!なぜ両端が細くなっているかわかりますか?」 オーサさん「なぜですか?えーと…便利…?汚してしまった時両方で食べられて便利だから?いや…それは日本人らしくないなー…。じゃ…バランスがいいから?手に持ちやすくて食べやすいから?あ、わかった!きれいに見えるから!普通の割り箸より上品で高級感があるからですね?」 小倉先生「いや…どれも違います。このお箸は神様と一緒にいただく時に使うイメージです。片側は神様が口をつけるところ、もう片側は私たち(人間)が口をつけるところなので、両方で食べてはいけません。もともと日本には食べ物は神様のものである、『食べる』ことは神様とともにする行為という考えが根底にあるんです」 オーサさん「食べるのが神様と一緒!?それはたぶんどんなにがんばっても欧米人が想像できそうにない深い考え…」

【まとめ】 割り箸にはたくさんの種類と名前、用途があります。 また日本には「食べ物は神様のものである」という考え方があります。

■【プロフィール】

著者:オーサ・イェークストロム 1983年生まれ。スウェーデン出身。幼い頃にアニメ『美少女戦士セーラームーン』と漫画『犬夜叉』を知って漫画家になることを決意。2011年に東京へ移り住む。2015年に漫画家デビュー。著書に『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』1~5巻、『北欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅』『北欧女子オーサ日本を学ぶ』『北欧女子オーサ、日本で恋をする。』などがある。

監修者:小倉朋子(おぐらともこ) (株)トータルフード代表取締役。フードプロデューサー、食の総合コンサルタント。 亜細亜大学講師、日本著文化協会代表。世界各国の正式なテーブルマナー食にまつわる歴史・文化・経済などを総合的に学び、 生き方を整える「食輝塾」主宰。美しく凛とした食べ方を推進すべく活動している。 著書に「世界一美しい食べ方のマナー」(高橋書店)、「私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない」(文響社)など多数。

※本記事はオーサ・イェークストロム著、監修=小倉 朋子、金田一 秀穂、杉山 美奈子、岩下 宣子の書籍『北欧女子オーサ日本を学ぶ』から一部抜粋・編集しました。



トップページへ戻る

Smatu-net Co., Ltd. Sample Alumnis Demonstration ©2014