ようこそ! ビジター様(ビジター)
 
会員&メッセージを見る 個人ブログ
ブログ
ホーム お知らせ
メンバーズブラザ
トピックスのスライドショー毎日1枚、その日のトピックス写真を表示します。

日本の富豪トップ5

2021年4月23日

日本長者番付、上位50人の資産総額は48%増加

フォーブスは4月22日、2021年板「日本長者番付」を発表した。新型コロナウイルスのパンデミックが続く中でも、日本の富豪上位50人の資産は合計で2490億ドル(約27兆円)となり、昨年の1680億ドルから48%増加した。



また、今回の番付では50位の富豪の保有資産が11億5000万ドルとなり、初めて10億ドルを超えた。昨年の50位の資産額は8億1000万ドルだった。

日本は昨年中に輸出額が増加に転じたほか、近く開催予定の東京五輪への期待感もあり、日経平均株価は前年比で約54%上昇している(2020年度期末時点)。

3年ぶりに孫がトップ

最新の番付で1位となったのは、ランク入りした50人の中で最も大きく資産を増やしたソフトバンクグループの創業者、孫正義。資産額は昨年の2倍を超える約444億ドルとなった。

出資するフードデリバリーの米ドアダッシュ(DoorDash)や、「韓国のアマゾン」と呼ばれる同国のネット通販大手クーパン(Coupang)の新規株式公開(IPO)も、資産の増加に大きく貢献している。

過去2年間トップにつけていたファーストリテイリングの会長兼社長、柳井正は、1ランク下げはしたものの、資産は昨年から約90%増加。およそ420億ドルとなっている。

3位と4位は昨年と同じ、キーエンス創業者で名誉会長の滝崎武光と、サントリーホールディングスの会長、佐治信忠だった。昨年と今年の資産額は、滝崎が198億ドル、258億ドル。佐治が94億ドル、97億ドルとなっている。

5人は資産が倍増

ランキングに入った富豪のうち5人は、1年間で資産を倍以上に増やした。その1人が、今回始めてトップ5に入った日本電産(Nidec)の創業者、永守重信だ(資産額90億ドル)。コロナ禍で、同社が手掛けるコンピューターやハードディスクドライブ、家電製品向けのモーターの売上高が急増した。

もう一人注目に値するのが、中古品を売買できるフリマアプリ、メルカリの創業者、25位につけた山田進太郎だ(22億ドル)。主に利用者の増加により、資産の増加率では50人中トップとなっている。




新たに4人がビリオネアに
以下、今年の日本長者番付トップ10の顔ぶれを紹介する。

1位 孫 正義(ソフトバンクグループ)/444億ドル
2位 柳井 正(ファーストリテイリング)/420億ドル
3位 滝崎武光(キーエンス)/258億ドル
4位 佐治信忠(サントリーホールディングス)/97億ドル
5位 永守重信(日本電産)/90億ドル
6位 高原豪久(ユニ・チャーム)/80億ドル
7位 三木谷浩史(楽天)/75億ドル
8位 似鳥昭雄(ニトリ)/52億ドル
9位 重田康光(光通信)/51億ドル
10位 毒島秀行(三共)/44億ドル

4人+1家族がビリオネアに

コロナ禍のこの1年で、新たなビリオネアも誕生した(うち1人は、家族の資産と合わせて10億ドル以上を保有)。そのメンバーは、以下のとおり。

40位:谷村格/14億2000万ドル(インターネットを利用した医療関連サービスのエムスリー代表取締役)
45位:中村崇則/12億6000万ドル(クラウドサービスのラクス代表取締役)
47位:寺下史郎/12億4000万ドル(投資家向け広報活動・株主情報に特化したコンサル業務のアイ・アール・ジャパンホールディングスCEO)
49位:元榮太一郎/12億ドル(電子契約サービスなどの弁護士ドットコム創業者)
27位:内山家/20億5000万ドル(半導体関連装置のレーザーテック創業家)

ランキングは本人や証券取引所、アナリスト、企業の財務諸表などから得た情報を基に作成。非公開会社の価値は、類似した公開会社の財務比率などと比較して推計した。各氏の保有資産は、家族の資産を含む場合もある。また、番付には日本に事業基盤を持つ外国籍の人も含まれる。

資産額は2021年4月5日の取引終了時の株価の終値と為替レートに基づいて算出。3月5日の株価に基づき決定した世界長者番付とは、順位が異なる場合がある。日本長者番付の全順位は、www.forbesjapan.com/feat/japanrichで公開されている。



【ランキング】日本の富豪トップ50









トップページへ戻る

Smatu-net Co., Ltd. Sample Alumnis Demonstration ©2014